生産本部はメーカーの心臓部。
プライドを持って取り組んでいます。

生産部門

株式会社伊勢半 生産本部 購買部

村岡 敬規[2009年入社]

Takaki Muraoka

PROFILE

2009年の入社後、水海道工場でバルク(化粧品の中身)製造計画に携わる。2011年3月より伊勢半グループ全商品の生産計画を行う要員として本社に異動。包装資材の購買業務も兼務し、忙しい日々を送っている。自分に厳しく、責任感を持って仕事をこなすタイプで、前職は公務員という経歴の持ち主。趣味はサッカー。

お天気を読むように生産計画をつくるのが役目

水海道工場では、バルク(化粧品の中身)をつくるラインの生産計画を担当していました。どこのラインでどこまで仕込んだらいいか、どんな順番でやったらいいか、効率よく製造するために計画を立てる仕事です。しかし、うちはメーカーなので、必要なものを優先的につくらなくてはいけません。化粧品は生き物みたいなもので、先月売れたからといって、今月も売れるわけではありませんし、気象条件やファッショントレンドが変われば、売れる商品も変わります。それをお天気のように読みながら生産計画を組んでいくのが私の役目です。
生産現場は同じものを連続してつくることができれば効率がいい訳ですが、条件が変わってくれば計画変更せざるを得ません。現場の効率を落としてでもつくる順番を逆にしてもらわないといけないというときに、いかにして納得してもらうか。みんなの負荷が最小限になるように、3か月先ぐらいまでの予定を見ながら、できるだけ楽な生産計画を探ることに神経を使いました。
現在は、水海道工場だけでなく、川口・天津の工場などを含め、会社全体の生産計画を行う中心的な部署(本社)に移り、日々勉強しているところです。

購買の仕事は、数字の見極めがカギ

私の現在の役割は、もう一つあります。化粧品の中身を入れる容器やパッケージ資材を調達する購買の仕事です。中身はもちろんのこと、資材の原価がいくらで、納期がどれくらいかということもわかっていないと全体の生産計画は立てられません。そこで得た知識が今後やっていく仕事の血となり肉となると思って、向上心を持ってがんばっています。
ここでの仕事も細やかな神経を使います。中身をどんなに一生懸命つくっても、工場に資材が届かなければ生産を進めることはできません。納期が遅れたり、数が足りなかったりしたら、それこそ計画がすべて狂ってしまいます。だからといって、前もって数多く発注しておけばいいかというと、在庫になる可能性もある。企業にとっては過剰在庫=負の資産ですから、その数字を慎重に見極める必要があるのです。反対に、購買の私たちががんばって、在庫を削減できたり、資材を仕入れるコストを下げたりできれば、会社の利益に貢献できる。そういう意味では責任重大で、シビアにやらないといけないと思っていますが、それだけにやりがいもあります。

仲間で味わうのが「ものづくり」の醍醐味

メーカーである限り、中心になっていくのは生産本部だと私は思っています。営業本部の立てた販売計画に対して納期を確実に守り、商品を市場に送り出し、売れて、初めて会社の仕事が完結します。それで、クチコミサイトなどで「使ってよかった!」なんてコメントを見ると、本当にうれしい。
無理なお願いをしないといけない部署なので、納期のことで工場と交渉しないといけないこともありますし、正直に言えば悩むこともありますが、現場にわかってもらって、受けてもらって、納期に間に合わせようとみんなが気持ちを一つにしてできあがった商品が売れたときは、言葉にできない喜びがありますね。
室温の高い工場で懸命につくってくれる人、残業しながら充填してくれる人、いろんな人の想いが商品に込められていることを知っているからこそ余計そう思うのかもしれませんが、ものづくりの醍醐味とは、仲間で一つのことを成し遂げることにあるという気がします。そして、一人ではできない仕事だからこそ、自分に厳しくしていきたい。緻密な生産計画を立てることだけでなく、人を巻き込む力も蓄えながら、これからも責任を持ってがんばっていきたいと思います。

生産本部 購買部 ある日のSchedule

8:30 出社
9:00 生産予定の確認 ●充填・製造予定の確認 ●資材納期の確認
10:00 メーカーとの
打ち合わせ
●資材のスケジュール調整 ●在庫の確認や見積り確認 ●仕様確認など
12:00 昼食
13:00 発注業務 ●新商品並びに従来品の見積り書作成 ●発注書、注文書発行 ●納期の調整など
15:30 製造予定の調整 ●在庫状況等から生産計画の調整 ●資材などの納期交渉
17:00 事務処理など ●納品書の発行等資材受入業務 ●クレーム処理(調査含む)
18:30 退社

■先輩社員Q&A

My Favorite!

Q. 休日の過ごし方について教えてください。
A. ずっとサッカーをしていたので、月に1、2度フットサルをやるほかは、家族と過ごすことが多いですね。子どもがまだ小さいのであまり遠くには出かけられませんが、近所に買い物に行ったり、公園に行ったり、実家の親に孫の顔を見せに行ったり。がんばって家族サービスしています。
Q. あなたの毎日に欠かせないMy Favoriteは何ですか?
A. シルバーアクセサリーです。クロムハーツというブランドが好きで、昔から集めているんです。毎日つけているわけではありませんが、休みの日、スーツ姿とは違う自分のおしゃれアイテムとして愛用しています。シルバーは使い込むほど味わいが出て、表情が変わっていくのが面白いところ。息子が大きくなったら譲ってもいいかなと思っています。

My Favorite!

Q. 最後に、就職活動をされている学生さんへのメッセージをお願いします。
A. 厳しいことを言えば、今の時代、みんながみんな、なりたい職業につけるわけではありません。でも、だからこそ、入った会社で自分なりの仕事の面白さ、やりがいを見つけられれば、どこへ行っても通用するのかなと思います。要は考え方次第。与えられた仕事を貪欲に楽しむ人には、チャンスも必ず巡ってくると思いますよ。