基礎分析は化粧品の基盤。
やりがいを持って取り組んでいます。

研究部門

株式会社伊勢半 研究本部 研究第3部

大森 友圭里[2011年入社]

Yukari Ohmori

PROFILE

大学院(生物学)卒業後、伊勢半に入社。以後、化粧品成分の分析を担当。電子顕微鏡でファンデーションを微視的に評価するなど、過去とは違った方法で研究を進める。また、原料や商品の品質・安全性を担保するため、微生物試験の方法を開拓、品質管理部門に提案するなど、第一線の研究者として力を発揮している。

基礎分析が化粧品の品質を決定づける

分析の仕事をひと言で表すと、「この化粧品には、どんな成分がどれくらい入っているか」調べることです。
次の商品に役立てるため、開発部門からサンプルとして送られてきた他社商品などを分析することもありますし、自社商品を分析し、トラブルを未然に防ぐという意味で、どういう条件なら微生物が繁殖しないか研究するなど、守備範囲は思った以上に広いです。しかし、しっかりとした基礎分析があって、初めてお客様に喜んで使っていただける化粧品ができるというやりがいは常に感じています。
最近は、機械の技術の進歩で、ファンデーションの細かい粒子、一粒一粒の形の違いまではっきり確認できる電子顕微鏡が導入され、より微視的な評価ができるようになりました。
それまでは、どういう形の粉を組み合わせれば肌にちゃんと密着するか、毛穴を目立たなくできるかといったところは官能評価(ヒトの五感を用いた評価方法)に頼るところが大きかったのですが、パッと見てわかることで、短期間でデータを出すことができるように。「こうすればもっと商品がよくなります」と商品開発に積極的に提案していけるのは、研究者として楽しいことですね。

目的を見失わないための「ホウ・レン・ソウ」

評価の高い商品をつくるため、突き詰めて考えていくのは面白いですし、研究者としては際限なくハマる世界です。とはいえ、企業ですから、限られた時間の中で、精度を高く、数多くのデータを出さなくてはいけない。だからこそ、照準を絞り、目的を見失わないことが、この業務の一番の課題と言えます。
そのために実践しているのが「ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)」です。自分だけで研究に没頭してしまうと、それこそ次から次へ調べたいことが出てきてテーマが広がり、いつの間にか本筋からずれてしまう。でも、小さなことでも上長に報告、相談して、ディスカッションするうちに、自分の中で整理がつき、やらなければいけないことを取捨選択できます。
また、同じ部署の仲間が何をしているか把握しておくことも重要です。良い商品は一人でできるわけではありません。方向性が間違っていないか、常に話し合い、確認することを心がけています。
研究者というと、一日中研究室にこもって顕微鏡を見ているイメージですが、全員が「ホウ・レン・ソウ」を大事にすることで、コミュニケーションもすごくとれていますし、先輩もいろいろアドバイスをしてくださり、職場はいつも和気あいあい。仲が良すぎて時々反省することがあるくらいです(笑)。

狙うは「世界一」の化粧品!

この仕事をしていて達成感を感じるのは、自分の予測した結果が出たとき。仮説が外れたとして、そこからまたアプローチを変え、突き詰める面白さはもちろんありますが、「こうなるはずだ」と論理的に考えたことが思い通りの形で出てくると、素直にうれしいですね。
最近、分析と並行して二重まぶた化粧品の処方も一部担当し始めたところです。実は、世界の中でも二重まぶた化粧品のイニシアチブを握っているのは日本。先輩から「この商品で日本一になれば、世界一だよ!」と言われて、かなりその気になっています(笑)。
女性の美への欲求は尽きることがありません。私も化粧品が大好き。だから余計に、自分が使ってうれしいものにかかわっていることがうれしいですし、友達が使って喜んでくれることもうれしい。お店でうちの商品を手に取ってくださる人を見ると、またうれしくなります。そういう気持ちを忘れずに、これからもよりよい商品づくりのための研究を進めていきたいですね。

研究本部 研究第3部 ある日のSchedule

8:30 出社
9:30 来客 機器や原料のメーカーさんから、新しい技術情報などをいただく。
10:30 技術交流会 部内で進捗の確認や、技術情報のフィードバックを行う。
12:00 昼食
13:00 実験 原料や商品について、様々な機器を用いて分析する。
17:00 報告書作成 実験した内容を報告書にまとめる。
18:30 退社

■先輩社員Q&A

My Favorite!

Q. 休日の過ごし方について教えてください。
A. 週末どちらかは都内に行くことが多いです。就職するまで地元の岡山を出たことがなかったので、まだ都内への興味が尽きなくて(笑)。表参道、六本木、銀座……友達とショッピングをしたり、食事を楽しんだり。今度、3Dプラネタリウムにも行ってみたいです。
Q. あなたの毎日に欠かせないMy Favoriteは何ですか?
A. ドライフルーツが好きで、朝ごはん代わりに食べています。「朝から脳を活発に働かせるには、適度に糖分を摂るといい」と聞いて、チョコレートよりフルーツかなと。今、ハマっているのはマンゴーとパイナップル。ちょっと珍しいものは試してみたいタイプです。

My Favorite!

Q. 最後に、就職活動をされている学生さんへのメッセージをお願いします。
A. 企業研究や自己分析はみなさんやっていると思いますが、面接官の心証を考えすぎたり、企業姿勢に合うようにアレンジしたりと、「自分らしさ」を置き去りにしてしまうと就職活動はうまくいきません。実は、私がそうでした。まずは自分がやりたいこと、強い気持ちをしっかり出すこと。あまり考え過ぎずに自分のいいところを素直に出してみてください。