ものづくりへのこだわりでオンリーワン企業を目指す

季節や流行を敏感に反映する化粧品市場。その中で、私たちが開発した商品を手に取っていただくお客様の笑顔を想像しながら、社員一人ひとりの「ものづくり」に対するこだわりと情熱を原動力に、全社一丸となって、期待にお応えするオンリーワンのものづくりに励んでいます。

感動と驚きのある商品をお客様の手に。
あらたな商品の開発につなげるため、基礎研究にも注力。

研究部門では、お客様にご満足いただける商品をお届けするために、素材や技術の基礎研究をはじめ、試作、有用性や安全性、安定性などの試験、さらに品質を守る容器性能の研究に取り組んでいます。また、開発部門から依頼された商品化の研究はもとより、新技術の開発やその実用化に向けた研究本部独自の市場創造型研究にも力を入れ、研究部門と開発部門を有機的に連動させたものづくりに向けて、たゆまぬ努力を続けています。

少人数のチーム制によるスピード感。
夢のある暮らしを実現させる、独創的なものづくりを目指す。

開発部門は、少人数のプランナーによるチーム制導入により、商品化までのスピードを強化。プランナー一人ひとりの感性と創造力を生かし、独創的なものづくりを可能にしています。相互にトレンドを読み解く感性を磨き合い、時流に即した顧客満足度の高い商品力の具現化を目指しています。また、お客様相談室も開発部門の一員として「お客様目線」で、ものづくりに参画。お客様から得られた貴重な意見を商品開発に反映しています。

お客様にお届けするものづくりの最前線。
安心と安全に配慮した生産体制を確立、品質管理の拠点に。

生産部門では、化粧品GMP(化粧品の製造及び品質管理に関する技術指針)に準拠した生産体制に加え、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001認証を取得。厳しい基準の品質チェック体制を構築し、お客様へ高品質で安心・安全な商品を提供しています。また、永年培ってきた技術力に頼るだけでなく、新たな知識技能の習熟にも努め“現場発”の改善を通じてさらなる品質向上・生産性向上を目指しています。

新たな視点で「ニーズ」を「商品」に。
開発部門との課題共有で、日々愛されるブランド育成に挑む。

時代の消費者心理を読み解き、流通のマーケテイング・ニーズに適合するブランドとは…。営業部門は、これまでも売場でのお客様との接点を生かし、貴重な声を社内にフィードバックする役割を担ってきましたが、開発部門と一体となり、営業部門ならではの視点で、ブランドごとのマーケティング活動を推進。さらなるブランドの認知度向上、付加価値向上のため、よりタイムリーな商品・販促物の製作を実現すべく、ものづくりにかかわっています。

現地代理店のバックアップと貿易実務。
世界を舞台に飛び回り、国際市場での販売が躍進中。

さまざまなマーケットに対して、感度の高い商品を送り出す伊勢半グループの技術力と商品企画力は、広く海外においてもいかんなく発揮されています。1966年に台湾に進出して以来、中国、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、カナダ、アメリカ、ウクライナなどに、伊勢半グループ商品を輸出販売しています。引き続き、海外への販路を拡充および営業体制を強化し、海外市場拡大に向けてグループ一丸となって推進していきます。

社員サポート業務の要的存在。
その持つべき役割は幅広く、奥深く、常に社内で奮闘中。

直接お客様に接する機会は少なくても、常にお客様に寄り添ったサービスを心がける「営業マインド」を忘れずに、表舞台に立つ社員を支えるのが総務部門の役目です。優秀な人財の育成をはかるため、独自の取り組みとして社内にビジネススクールを創設。また、人材募集(採用)、労務管理など日々の管理業務を執り行い、伊勢半グループの全社員が快適に仕事を行えるよう、情報共有やシステムの構築を推進しています。